産生菌があるかどうか

錠剤

女性ホルモンも加齢とともに減少していきますので、そのために心身の不調を感じている人も少なくありません。不調の改善のためには様々な努力が行われていますが、特に大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持つことで知られています。そこで、豆乳や豆乳、納豆などの大豆製品を積極的に摂っている人も多いのではないでしょうか。大豆製品の摂取は根気よく続けていくことも大切ですが、長く続けているに関わらず特に変化を感じられないという人もいます。大豆製品を摂っていても効果が感じられない人はエクオールが作れない体質である可能性があります。エクオールはエストロゲンに似た働きを持っていることで注目されていますが、ただ大豆製品を食べられれば良いというわけではなく、腸内細菌でエクオールに変換される必要があります。腸内に産生菌がないという場合は実はエクオールが作れていない可能性があります。

体質をチェックする方法

服用

エクオールは誰もが作れるというわけではなく、実は日本人女性の約半分が作れないともいわれています。作れない体質の人は大豆製品を摂り続けていても良い結果を得るのは難しいものもあります。体質を自分でチェックすることは難しいものがありますが、ソイチェックをすると判断することができます。ソイチェックは尿検査で行うことができますので、特に難しいものではありません。郵送検査でも行うことができますし、婦人科でも検査が受けられますので体質を調べてみることもおすすめです。ソイチェックの結果は、毎回同じというわけではなく、複数回行うことで違う判断が出ることもあります。複数回検査をしてみて、毎回作られていないと判断された場合は、エクオールが作れない体質である可能性がありますが、落胆する必要はありません。不足しがちな栄養素はサプリメントや健康食品で手軽に補うことができますが、今はエクオールサプリメントも登場しており、女性の間で人気が高まっています。大豆食品を毎日食べ続けるのは厳しいものもありますが、サプリメントならより手軽に摂取できますし、毎日不足しがちなエクオールを手軽に補給できます。最近はこうしたサプリメントも増えてきていますので、それぞれの特徴をよく比較して体質に合うもの、続けやすい価格帯のものを選んでいきましょう。安全に続けていくのであれば、提供している会社の信頼性の高さも大切となりますので、こちらもチェックしておきたいところです。